よく頂く質問です


通院治療に関する質問

Q1 施術時間は何分間くらいですか?

約45分です。風邪を引いていたり、患者さんの健康状態により長い時間の施術が出来ない場合は短い時間で行います。その場合は施術時間に応じ、割引させていただきます。

Q2 着替えなど必要ですか?

必要ありません。女性の方は更衣室でこちらで用意した服に着替えていただきます。

男性の方は用意した服に着替えていただいてもよいですが、通常は下着になっていただき、そのまま施術させていただいています。

Q3 施術を受けた日お風呂に入って良いですか?

はい、大丈夫です。お灸の前後30分の入浴は施術効果が薄くなるので、その時間帯の入浴はお控えいただいておりますが、その時間帯以外は問題ありません。

Q4 施術の日に運動をして良いですか?

施術後の激しい運動はお控えになった方がよいです。運動後の施術は問題ありません。

Q5 どのくらいの間隔で通うのが良いですか?

お体の状態によって異なりますので、診させていただいてからお伝えしています。通常は症状の強い方でも1週間に1回です。良くなっていくと2週間に1回とか1ヶ月に1回という形で間隔が開いていきます。

Q6 カード払いはできますか?

できません。現金でお願いしています。

訪問治療に関する質問

Q1 保険は使えるの?

通常自費による施術をおこなっていますが、健康保険を使っての施術も可能です。

ただし、主治医による「同意書」を得られる場合のみになります。

詳しくはお電話かメールでご質問ください。

Q2 同意書ってなに?

「在宅にて鍼灸治療・マッサージが必要である」と医師が判断・同意した、その確認をする書類のことを「同意書」といいます。

「同意書」の用紙は当治療院で用意させていただきます。

Q3 施術時間はどのくらい?

自費の場合30分を原則としています。ただし症状により時間を長くいただいたり、逆に短くなる場合もございます。施術時間と出張地域により料金が変わりますので、詳しくはお電話かメールでご質問ください。

保険治療の場合、施術する場所や鍼灸かマッサージかその両方かによって異なりますが、大体15分~30分程度です。

Q4 訪問時間帯はいつですか?

朝8時から21時までの間でお伺いさせていただいております。

ただし、ぎっくり腰や急性の症状でご希望の方は早朝や夜0時まででしたら対応させていただきます。(この場合は実費による治療のみになります)

Q5 訪問保険マッサージはどんな病状で利用できますか?

筋肉の麻痺や関節の拘縮のある方で、

医師から医療マッサージの必要性を認められた方です。


主な適応疾患:脳梗塞後遺症・パーキンソン病・変形性腰痛症・変形性膝関節症・関節リウマチ・脊髄損傷後遺症・交通事故による歩行困難などです

 

その他の対象疾患:脳性麻痺(成人)、変形性頚椎症、変形性脊椎症(頚部痛、背部痛、腰痛)、変形性腰椎症、変形性膝関節症、変形性関節症、多発性脳梗塞、くも膜下出血、脳腫瘍術後、脳挫傷、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、球脊髄性筋萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群、大脳皮質基底核変性症、運動ニューロン病、筋緊張性ジストロフィー、後縦靭帯骨化症、頚椎症性脊髄症、多発性硬化症、脊柱管狭窄症、脊髄損傷、腰椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折、糖尿病性抹消神経障害、関節運動障害、筋麻痺、関節拘縮、その他疼痛疾患などバーチャ病、筋ジストロフィー、ニューロパチー、純粋アキネジア、変形性脊椎症、多発性関節リウマチ、腰椎椎間板ヘルニア、脳性麻痺、頚髄損傷、頸椎損傷、四肢体幹機能障害、広範脊柱管狭窄症、大腿骨頸部骨折後遺症、四肢筋萎縮、大脳皮質萎縮、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、サルコイドーシス、末梢神経障害、ギランバレー症候群、神経原生筋萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、全身廃用症候群、上下肢筋肉廃用性萎縮、閉塞性動脈硬化症、長期透析合併症による骨関節障害、多発性筋炎、など基本的には上記疾患などです。

 

麻痺や痛みがあったり、関節の動きが悪い方、通院困難な方に健康保険適応での治療を行っております。

Q6 どんなことをしますか?

患者さまの症状にあわせた施術をします。

マッサージに関しては、通常の服の上から行う指圧・あん摩から擦る程度のマッサージまで、患者さまの状態にあわせたマッサージをします。場合によっては関節のこわばりのある方にはオイルマッサージをさせていただくこともあります。

また、関節可動域訓練(硬くなった関節を緩める訓練)、座位保持、などの運動療法も提供し床ずれ予防(褥瘡予防)などの観点から体位交換も行い、食事や更衣や排泄などの日常生活動作(ADL)の維持・向上を目指します。

Q7 料金はどのくらいですか?

自費治療の場合は4000円~。

保険治療の場合は1割負担の場合、1回あたり310円から800円になります。
これら料金には治療代とともに訪問のための交通費も含まれています。

Q8 料金はいつ払うのですか?

基本的には、1ヶ月に1回、月末に現金にてお支払いいただきます。

1回だけの治療などの場合は、往診した際にお支払いいただくこともございます。

Q9 どんな治療師さんが来ますか?

鍼灸・あん摩・マッサージ・指圧の国家資格保有者(男性)が伺います。国家資格免許を持っていない人間が伺うことは一切ありません。

Q10 訪問治療を受けるのに準備するものはありますか?

特にありません。楽な普段着でいていただければ大丈夫です。

車椅子に常時乗っている方は、ベッドや布団の上にあらかじめ移動しておいて下されば、時間を有効に使えますので助かります。

手を洗うために、洗面所をお借りすることがあります。

Q11 訪問治療の時、他の家族も施術してもらえますか?

可能です。その際は、10分の施術が1000円からの自費診療になります。

但し、ご家族の方も介護疲れで腰が痛い・肩が痛いなどの症状で医師から同意書がある場合は、保険による負担割合の金額となります。

Q12 ケアマネージャーに相談が必要ですか?

ケアマネージャーさんは、利用者さんにとっての大事な方ですから出来ればご相談ください。しかし、直接こちらにお電話下さっても大丈夫です。

その場合はこちらから利用者さん担当のケアマネージャーさんに連絡をとります。

当院では、多くのケアマネージャーさんと常に交流しており、利用者さんの病態に関する報告も定期的に行っております。